コラム

 公開日: 2016-06-16 

自社にあった金融機関を探しましょう

金融機関にとって、決算後が追加融資の絶好のチャンスです。
決算内容が良ければ、他行に先駆けて融資を提案しようと決算書を待っています。
先日、ある関与先様の決算書を各金融機関に提出したところ、
提出してすぐにA銀行から2,000万円の提案がありました。
さらに数日後、B行から3,000万円の提案です。
しかし、C銀行とD銀行からは何の提案もありませんでした。

金融機関はどこも同じように見えますが、実はそれぞれ戦略が違います。
C銀行とD銀行から提案がなかったのは、関与先様の問題ではなく、
金融機関側の戦略の問題です。
金融機関の戦略の一例をご紹介します。

ある信用金庫は、返済に苦しんではいるが一定のキャッシュフローがあり、
かつ不動産を持っている企業に対して、返済期間10年超の超長期貸出を戦略的に行っています。
金融庁のルールに則ると「要注意先」となるため、他の金融機関が新規融資を敬遠する企業を
敢えて狙っています。

競合が全くいないため、担保が充足していて、かつ返済可能なキャッシュフローのある企業に対して、
この信用金庫は3~4%台の高金利で融資をしています。まさにブルーオーシャンです。

この戦略は徹底しており、他行から融資を受けられる状況にまで業績が回復したからと言って、
金利を引き下げる交渉をしても、基本的には応じてくれません。
金利競争をするぐらいなら他行に行ってください、というスタンスです。
そのかわり、また業績が悪化した時に備えて、1,000万円程度の取引は残しておいた方が
良いのではないですか?と注文をつけてきます。
もちろん金利は3~4%です。

ある地方銀行は業界を絞っています。その業界の中心的な企業に行員を数年間出向させ、
業界のことを学ばせたうえで銀行に戻し、審査部に据えるという徹底ぶりです。
決算書にあらわれない情報を持っていますので、貸し倒れが少ないのはもちろん、
決算書だけで判断している他行が融資できない先に融資をすることもできます。

他にも、保証協会との提携商品だけをひたすら提案し続けている信用組合など、良く知れば、
金融機関ごとに違った個性や戦略を持っていることが分かります。
貴社がどれ程立派な企業でも、全ての金融機関に好かれることはありません。
各金融機関の戦略を良く理解して、自社に合った金融機関を選びましょう。

この記事を書いたプロ

吉川和良税理士事務所 [ホームページ]

税理士 吉川和良

香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL:087-873-2404

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉川和良 よしかわかずよし

「守りの姿勢から攻めの姿勢へ。」を経営方針に(1/3)

 高松市中心部のオフィス街に事務所を構える税理士の吉川和良さん。事務所を開設する前には、世界4大会計法人の1つである「税理士法人 プライスウォーター ハウスクーパース」のM&amp;A・トランザクション部に所属。メガバンク大阪本店に出向し、主に事業...

吉川和良プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

先見経営と先行管理の仕組みで「あんしん経営」をサポート

会社名 : 吉川和良税理士事務所
住所 : 香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL : 087-873-2404

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-873-2404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉川和良(よしかわかずよし)

吉川和良税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
『事業計画の立て方』

現状よりも業績を拡大しようとする時や、何か新しい事業を始めようとする時、3年から5年先までの事業計画を立...

『ビジネスの原点はビジネスモデルです。』

事業体の収益や拡張性は、事業立地(誰に何を売るのか?)とビジネスモデルで大半が決まります。マネージメント...

『10回払いの融資は本当に使えないのか?』

金融機関から初めてプロパー融資の提案を受けるときにありがちなのは、返済期間10か月など超短期の融資です。...

『今の自社を、今日の自分をベンチマークしてはいけません。』

■A氏、B氏…Z氏に、これから飲食店を出店するとして、そのお店作りについて(イメージを)聞いてみました。※他...

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ