コラム

 公開日: 2016-07-07 

貴社の試算表はどのようなポリシーで作成されていますか。

先日資金調達相談で来所されたお客様の事例です。会社を設立して
10か月が経過した企業様ですが、試算表を見せていただいたところ、
資本金300万円がバランスシートから抜けています。
他にもおかしな点がいくつかあり、明らかに不完全な試算表でした。

話をお聞きすると、創業当時からお世話になっている顧問税理士の先生に
会計資料をお渡しして、試算表の作成をお願いしているようです。
このような試算表が出てきた原因がどこにあるのか分かりませんが、
融資申し込み資料として、このような試算表を提出するのは本当に危険です。
なぜ、このような事が起きてしまうのでしょうか。

◆ 決算書を作成する主な目的は次の3つです。
・税務の目線:税金の計算をするため
・財務の目線:銀行や株主など第三者に経営状況を伝えるため
・経営の目線:自身が経営状況を知るため

◆ 試算表を作成する主な目的は次の3つです。
・税務の目線:決算作業をスムーズに行うため
・財務の目線:銀行や株主など第三者に経営状況を伝えるため
・経営の目線:自身が経営状況を知るため

財務や経営の目線で考えると、試算表は毎月の正しい利益が分かるものでなければ
意味がありません。しかし、税務の目線で考えると、税金は決算日の利益が分かれば
計算できますので、必ずしも毎月の利益を知ることが重要ではありません。
貴社が税理士事務所に依頼している業務の内容が、「決算書の作成と申告業務」だけなら、
試算表が毎月作成されないのは当然ですし、仮に作成されたとして、それが財務目線では
不完全なものであっても文句は言えません。
貴社が依頼しているのは、年に1回の税金の計算であって、毎月の正しい利益を計算すること
ではないからです。

「銀行からお金を借りるつもりは全くない。」「小規模の売上なので損益状況は頭の中で
把握できている。」という経営者様にとっては、財務や経営目線の試算表はあまり必要では
ないかもしれません。年に1度、税務目線の決算書を作成するだけで十分です。
しかし、「金融機関の協力を得て会社を成長させたい。」とお考えの経営者様は、
財務目線の試算表が絶対に必要です。

不完全な試算表を提出して融資を断られる前に、
貴社の試算表がどの目線で作成されているのか、今一度お確かめください。

この記事を書いたプロ

吉川和良税理士事務所 [ホームページ]

税理士 吉川和良

香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL:087-873-2404

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉川和良 よしかわかずよし

「守りの姿勢から攻めの姿勢へ。」を経営方針に(1/3)

 高松市中心部のオフィス街に事務所を構える税理士の吉川和良さん。事務所を開設する前には、世界4大会計法人の1つである「税理士法人 プライスウォーター ハウスクーパース」のM&amp;A・トランザクション部に所属。メガバンク大阪本店に出向し、主に事業...

吉川和良プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

先見経営と先行管理の仕組みで「あんしん経営」をサポート

会社名 : 吉川和良税理士事務所
住所 : 香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL : 087-873-2404

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-873-2404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉川和良(よしかわかずよし)

吉川和良税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
『事業計画の立て方』

現状よりも業績を拡大しようとする時や、何か新しい事業を始めようとする時、3年から5年先までの事業計画を立...

『ビジネスの原点はビジネスモデルです。』

事業体の収益や拡張性は、事業立地(誰に何を売るのか?)とビジネスモデルで大半が決まります。マネージメント...

『10回払いの融資は本当に使えないのか?』

金融機関から初めてプロパー融資の提案を受けるときにありがちなのは、返済期間10か月など超短期の融資です。...

『今の自社を、今日の自分をベンチマークしてはいけません。』

■A氏、B氏…Z氏に、これから飲食店を出店するとして、そのお店作りについて(イメージを)聞いてみました。※他...

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ