コラム

 公開日: 2016-07-18  最終更新日: 2016-10-12

『創業事業計画によくある10の間違え!』 …始める前に、間違えを直しておきましょう。

その事業が将来立ち上がるかどうか?こんなことはだれにもわかりません。
それでも論理と蓋然性から、高い確率で重要な問題点を指摘して助言することは出来ます。
(※この確率にあてはまらない天才事業家は除外する前提で読んでください。)

■「創業事業計画によくある10の間違え!」(実例です。)
以下のような創業計画書は少なくありません。

◆1:創業1期目が赤字、2期目に追加の資金調達(融資)を目論む計画
創業1期目が赤字の時、2期目の資金調達は容易ではありません。
創業時の自己資金と創業融資で、黒字化まで自力で持っていかないと、次の融資はほぼ
受けられません。計画の見直しが必要です。(財務無策です。)

◆2:創業自己資金300万円で初年度の資金調達金額3,000万円とする計画
計画自体が無謀に見えます。創業時に、こんな多額な融資はほぼ受けられません。
計画の見直しが必要です。(財務無策です。)

◆3:創業自己資金50万円の会社が、創業1期と2期で累計6,000万円の赤字を出す計画
どんなに経歴や計画書が立派であっても、この計画を支持する金融機関はありません。
そもそも力不相応な計画に見えます。計画の見直しが必要です。(財務無策です。)

◆4:創業三ヵ年計画の資金繰りの辻褄が合っていない計画
資金繰り計画書を作ったら資金ショートします。資金繰り計画を持ち合わせていないので、
矛盾に気づいていません。計画の見直しが必要です。(財務無策です。)

◆5:創業三ヵ年計画に、創業融資の返済原資を見出せない計画
返済を賄う利益を計画段階から計上できていません。返済原資の無い融資を金融機関は行いません。
計画の見直しが必要です。(財務無策です。)

◆6:創業自己資金300万円、資金的にはぎりぎりの計画ですが、創業融資をとりあえず受けない計画
「とりあえず自己資金でやってみて、必要になれば融資を受けたい。」この考え方は根本から間違えて
います。行き詰まった時に融資を受けられる可能性は高くありません。
最初に創業融資を受けるべきです。(財務無策です。)

◆7:創業自己資金50万円の会社が急成長して、3期目の期末に従業員が250名になる計画
力不相応な計画に見えます。250名を雇用する…これを実現するコストだけで、期間中に数千万円
程度必要です。

◆8:売上・利益計画の割に、経費が少なすぎる計画
販促費や経費を過少に見積もっているケースも少なくありません。甘すぎる計画に見えます。
上手く行きすぎる計画に蓋然性は見出せません。

◆9:既存のサービスの単なる安売りで売上が取れるとする計画
安くして、差別化して、かつ、利益を出して…実現できる蓋然性がありません。

◆10:既存のサービスを多数組み合わせ総合化することで差別化しようとする計画
ワンストップにして差別化する…実現できる蓋然性がありません。

■上記の事象は、計画書を少し見ればわかります。

◆1~6は、財務的な整合性を欠いています。明らかな財務無策で、計画の見直しが必要です。

◆7は、雇用にかかる手間暇・コスト、さらには、マネージメント体制を作りあげる大変さをよく理解できて
いないことが原因でしょう。計画の見直しが必要です。

◆8の経費の過少計上もよく見かけます。最初からミスなく上手にコストを掛けられることが前提です。
試行錯誤の費用が見込まれていません。計画の見直しが必要です。

◆9の安売りモデル、10の総合化モデルもよく見かけます。
安くしても利益を出せる、総合的に組み合わせても、一つ一つが弱くならない理由が不明瞭です。
既存の企業は、安くすると利益が出ないから、組み合わせると一つ一つが弱くなるから、これができない
のであって、このできない理由を解決せずに、安く・総合的に…とする発想は根本から間違えています。
ビジネスモデルの練り直しが必要です。

[ http://www.kagawa-keiri.com/230/]

この記事を書いたプロ

吉川和良税理士事務所 [ホームページ]

税理士 吉川和良

香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL:087-873-2404

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉川和良 よしかわかずよし

「守りの姿勢から攻めの姿勢へ。」を経営方針に(1/3)

 高松市中心部のオフィス街に事務所を構える税理士の吉川和良さん。事務所を開設する前には、世界4大会計法人の1つである「税理士法人 プライスウォーター ハウスクーパース」のM&amp;A・トランザクション部に所属。メガバンク大阪本店に出向し、主に事業...

吉川和良プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

先見経営と先行管理の仕組みで「あんしん経営」をサポート

会社名 : 吉川和良税理士事務所
住所 : 香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL : 087-873-2404

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-873-2404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉川和良(よしかわかずよし)

吉川和良税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
『事業計画の立て方』

現状よりも業績を拡大しようとする時や、何か新しい事業を始めようとする時、3年から5年先までの事業計画を立...

『ビジネスの原点はビジネスモデルです。』

事業体の収益や拡張性は、事業立地(誰に何を売るのか?)とビジネスモデルで大半が決まります。マネージメント...

『10回払いの融資は本当に使えないのか?』

金融機関から初めてプロパー融資の提案を受けるときにありがちなのは、返済期間10か月など超短期の融資です。...

『今の自社を、今日の自分をベンチマークしてはいけません。』

■A氏、B氏…Z氏に、これから飲食店を出店するとして、そのお店作りについて(イメージを)聞いてみました。※他...

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ