コラム

 公開日: 2015-06-04 

キャッシュフロー計算書(C/S)を読み取るポイント

キャッシュフロー計算書とは3つのキャッシュフローから成り立つ

資金の流れを「見える化」するキャッシュフロー計算書は、期首から期末までのこれらのキャッシュの動きを記載した資料で、最終的に手元の資金がどのくらいあるのかを知ることができるものです。C/F(正式名称、Cash flow statement)と呼ばれることもあり、3つの項目、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローから作られています。

このキャッシュフロー計算書が作られるようになった背景には、損益計算書では会計期間中に「どれだけの投資をし、どれだけの回収があったか」を把握できなかったためです。そこで、実際の資金の流れを把握できるようにと作られるようになったのです。

こうしたキャッシュフロー計算書は、資金ショートを未然に防いでくれる役割があり、経営上重要な役割を果たします。そのため、財務諸表を確認する際には、目を通しておきたい書類と言えるでしょう。

それぞれのキャッシュフローの見方を押さえる

キャッシュフロー計算書には3つのC/Fがあることを紹介しましたが、それぞれの見方を押さえることで経営活動に役立てられます。そこで「営業キャッシュフロー」の見方としては、本業によるキャッシュの出入りを見ることができます。基本的に事業は黒字であるべきなので、多くの企業はここをプラスにさせようと尽力させています。

また、「投資キャッシュフロー」は投資活動によるキャッシュの増減になるので、固定資産の売買などが含まれます。そのため、投資をすることで事業規模を拡大する企業は、この投資C/Fはマイナスであることが多いです。
さらに「財務キャッシュフロー」は、資金の借り入れと返済を表すものです。そのため、多くの企業ではマイナスになることが多くなっているのが特徴です。

このようにキャッシュフローの特徴と見方を押さえたうえで、さらに経営活動に生かすためのポイントを押さえておきましょう。

それぞれのキャッシュの原因を明らかにする

キャッシュフロー計算書を見る上で、最も重要になることは「そのキャッシュの動きになった理由を知ること」です。そのため、それぞれのキャッシュフローのプラス・マイナスのポイントを押さえておくことが肝心になります。

まず「営業キャッシュフロー」はプラスであれば問題ないですが、マイナスであれば「財務面や投資面」を自己資本で補ったり、借入を増やして対応することになる場合が多いです。そのため、マイナスならば、営業面に問題がないかを今一度確認する必要があります。

次に「投資キャッシュフロー」は、マイナスであっても営業キャッシュフロー内で補える範囲が良く、プラスになっていたら固定資産を売却して資金繰りをしている可能性があります。そのため、適正範囲での投資をすることに注視する必要があります。
さらに、「財務キャッシュフロー」も、マイナスであれば営業キャッシュフロー内で補える範囲であることが好ましいです。また、プラスになっていたら、借入理由を明確にしておく必要があります。

このようにキャッシュフロー計算書は数値だけを見るのではなく、そこに意味を与えて初めて経営に生かせるようになるのです。

この記事を書いたプロ

吉川和良税理士事務所 [ホームページ]

税理士 吉川和良

香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL:087-873-2404

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉川和良 よしかわかずよし

「守りの姿勢から攻めの姿勢へ。」を経営方針に(1/3)

 高松市中心部のオフィス街に事務所を構える税理士の吉川和良さん。事務所を開設する前には、世界4大会計法人の1つである「税理士法人 プライスウォーター ハウスクーパース」のM&amp;A・トランザクション部に所属。メガバンク大阪本店に出向し、主に事業...

吉川和良プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

先見経営と先行管理の仕組みで「あんしん経営」をサポート

会社名 : 吉川和良税理士事務所
住所 : 香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL : 087-873-2404

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-873-2404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉川和良(よしかわかずよし)

吉川和良税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
『事業計画の立て方』

現状よりも業績を拡大しようとする時や、何か新しい事業を始めようとする時、3年から5年先までの事業計画を立...

『ビジネスの原点はビジネスモデルです。』

事業体の収益や拡張性は、事業立地(誰に何を売るのか?)とビジネスモデルで大半が決まります。マネージメント...

『10回払いの融資は本当に使えないのか?』

金融機関から初めてプロパー融資の提案を受けるときにありがちなのは、返済期間10か月など超短期の融資です。...

『今の自社を、今日の自分をベンチマークしてはいけません。』

■A氏、B氏…Z氏に、これから飲食店を出店するとして、そのお店作りについて(イメージを)聞いてみました。※他...

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ