コラム

 公開日: 2015-06-15 

リスケジュールは「資料準備」と交渉シミュレーション

リスケジュールは「資料準備」と「交渉準備」が大事

企業経営者であれば資金繰りは確実に行っていきたいものですが、場合によっては資金繰りが悪化してしまうものです。

こうした資金繰りが悪化した時に行うべきことは、給与の支払いを遅らせることではなく、「銀行にリスケジュールの申し入れ」をすることです。なぜなら、給与の支払いが遅れると従業員から不安感が出始め、最終的に経営が立ちいかなくなってしまうからです。そのため、交渉の余地があるリスケから始めるといいのです。

ただし、銀行が返済条件を変更してくれるかどうかは、企業側の準備によります。その準備には資金繰り表などの「資料の準備」と、銀行員と交渉をする「交渉の準備」が必要です。しかし、実際には初めてリスケする経営者が多かったりするので、専門家による相談をして、リスケの成功率を高めておくことが肝心になるのです。

「資金繰り表」と「経営改善計画書」の作成

銀行員は財務諸表などの資料と併せて、資金繰り表や経営改善計画書を見て、リスケに応じるかどうかを判断することが多くなっています。そのため、こうした資料の作成は銀行員が知りたいポイントを抑えておくことが肝心です。

例えば、知りたいポイントとしては具体的かつ、数字に裏付けがあると言う点です。これは実際に銀行がリスケに応じた後に、返済をしてもらえるかを判断するための材料とするためです。そのため、銀行員が知りたい情報を記載した資料を作成することが重要となるのです。

このようにリスケをするには、銀行員が納得をするような資金繰り表と経営改善計画書が必要になります。そのため、具体的な改善策や根拠のある数字を使って作成するように心がけましょう。ただし、実際にリスケをするには書類の作成だけでなく、銀行員との交渉も大切です。

銀行員との交渉シミュレーションをしておく

リスケ時には、資料の作成だけでなく、実際に銀行員と話し合いをして承諾をしてもらうケースがほとんどです。そうしたときに、うまく納得してもらう方法は、「返済意思があり、リスケによって経営がどのように改善するのか」を伝えることです。

これは「辛いから下げてほしい」という、最初の条件を守れなかったといいきるのではなく、「一時的に待ってほしい」と言う意味です。そのため、最終的には銀行側にもメリットがあることを説明していくことも大事になるのです。

このように実際にリスケをするには、銀行員との交渉が重要なポイントとなります。そのため、事前に交渉をシミュレーションして、練習を重ねることでリスケジュールを達成できるのです。

なので、まずは「経営改善計画書」や「資金繰り表」を作成するために、専門家に相談するのが良いでしょう。

この記事を書いたプロ

吉川和良税理士事務所 [ホームページ]

税理士 吉川和良

香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL:087-873-2404

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉川和良 よしかわかずよし

「守りの姿勢から攻めの姿勢へ。」を経営方針に(1/3)

 高松市中心部のオフィス街に事務所を構える税理士の吉川和良さん。事務所を開設する前には、世界4大会計法人の1つである「税理士法人 プライスウォーター ハウスクーパース」のM&amp;A・トランザクション部に所属。メガバンク大阪本店に出向し、主に事業...

吉川和良プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

先見経営と先行管理の仕組みで「あんしん経営」をサポート

会社名 : 吉川和良税理士事務所
住所 : 香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL : 087-873-2404

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-873-2404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉川和良(よしかわかずよし)

吉川和良税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
『当事務所、新・税理士が行う財務支援業務とは…!』

当事務所、『新・税理士』事務所が取組む財務支援業務について解説いたします。ご理解の上、存分にご活用くださ...

『リスケジュールからの脱却のすすめ』

2008年に起きたリーマン・ショックを受け、中小企業の倒産や破産を防ぐ目的として、2009年に中小企業金融円滑化...

『売上至上主義、頑張りすぎる経営からの脱却!』

■営業時間・営業日の短縮…○店舗ビジネスの経営者は、その店舗を最大限効率的に活用しようと考えます。当然です...

『借入を活用して手元資金を増やす方法』

コラムをよく読んでいただいているお客様から次のようなお話がありました。「先日融資を申し込みに行った際、...

『創業して破たんしないために…』

■資金余力がほとんど無い計画を立てて、その計画通りに執行すると、短期間で破たんする可能性が高くなります。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ