コラム

 公開日: 2016-06-09 

『事業規模を拡大させるための資金を調達するポイント』

事業規模を拡大するためには、営業力に加えて資金力が必要です。
しかし、金融機関は、今現在の事業規模に見合った融資を原則としていますので、
将来のための成長資金を獲得するのは、少しハードルが高くなります。

もちろん、成長資金の融資を全く行わない訳ではありません。
新店舗を出したいと言えば、計画を精査して融資をしてくれますし、月商1,000万円の企業が、
月商1,500万円を目指すための増加運転資金も融資してくれます。
しかし、3店舗分をまとめて融資することはありませんし、月商1,000万円の企業に対して、
月商5,000万円を目指すための増加運転資金を融資することもありません。

銀行が成長資金を少しずつ提供する理由は、スピードよりも着実に成長することを好むためです。
しかし、経営者は、銀行の想定しているスピードよりも早く成長したいと考える方が多いため、
銀行の姿勢に苛立ちを感じてしまいます。

銀行から成長資金を多めに獲得するためのポイントは、以下になります。

1.小さくても良いので黒字の実績を作る。
2.自社のビジネスモデルを銀行に良く理解してもらう。
3.自社のお金の流れを銀行に良く理解してもらう。
4.手元資金が増えれば、自社の売上、利益、資金がどのように増えるかを資金繰り表などで
具体的に示す。
5.目指している将来像を銀行に良く理解してもらう。
6.上記の活動を複数行に対して行う。

決算書と試算表を持参して普通に融資を申し込んでも、現在の実績に応じた融資しか
実施してくれません。
上記のポイントに沿って説明し、成長の意志を明確にしてください。
また、1行よりも複数行に説明を行うことで、健全な競争原理が働き、結果として自社の事業規模よりも、
少し多めの資金を手にすることができます。

弊所が財務部長の代行を行っている企業様の例ですが、創業後3年間で、累計約1億円の調達を
行った企業が複数あります。
資金を調達して業績を伸ばし、さらに大きな資金を調達してさらに大きく業績を伸ばす、
好循環経営を実現しています。

この記事を書いたプロ

吉川和良税理士事務所 [ホームページ]

税理士 吉川和良

香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL:087-873-2404

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉川和良 よしかわかずよし

「守りの姿勢から攻めの姿勢へ。」を経営方針に(1/3)

 高松市中心部のオフィス街に事務所を構える税理士の吉川和良さん。事務所を開設する前には、世界4大会計法人の1つである「税理士法人 プライスウォーター ハウスクーパース」のM&amp;A・トランザクション部に所属。メガバンク大阪本店に出向し、主に事業...

吉川和良プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

先見経営と先行管理の仕組みで「あんしん経営」をサポート

会社名 : 吉川和良税理士事務所
住所 : 香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL : 087-873-2404

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-873-2404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉川和良(よしかわかずよし)

吉川和良税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
『中小企業の銀行対応について』

企業活動を永続的、かつ発展的に行うために、「資金」は最も重要な要素のひとつです。自己資本の薄い中小企業に...

『新入社員へのメッセージ!(※新入社員に伝えてあげてください。)』

新入社員やリクルートスーツに身を包んだ若者の姿を見るたびに、遠い昔を思い出して微笑ましい気持ちになります...

『個人信用情報について』

人生はいつも順調とは限りません。誰もが、様々な事情で、個人ローンの返済やクレジットカードの支払いが滞って...

『デミングサークルの徹底をお願いします。』

■正しい努力を継続出来ておれば…○五十代のビジネスマンは、三十代のビジネスマンに、そのビ ジネス力で負ける...

『節税が会社に与える影響について』

創業から順調に成長する企業と、途中で行き詰まってしまう企業の違いは、営業力にあることは間違いありません。そ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ