>   >   >   >   >   >  経営者が身につけるべき資金繰り

コラム一覧 :経営者が身につけるべき資金繰り

1件~15件(17件)

過去の15件

親族内継承、従業員などに継承、M&Aによる事業承継

 後継者へ事業を継承させる「事業継承」 現経営者・オーナーに何らかに事情があって、事業を後継者へと継承することを「事業継承」と言いますが、その方法を分けると3つに分類できます。まず「親族内継承」があり、経営者やオーナーの家族が後継者となるものです。この「親族内継承」の場合、早... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-06-17

ソフトウェア業の財務管理の胆は人件費にある

 ソフトウェア業は人件費の扱い方が重要 コンピュータの発展が著しい昨今、日本国内でもソフトウェア業を営む企業が増えてきています。こうしたソフトウェア業は目に見えないサービスを展開していることから、人件費の管理が重要になっています。また、自社開発を行っている場合には、その... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-06-16

リスケジュールは「資料準備」と交渉シミュレーション

 リスケジュールは「資料準備」と「交渉準備」が大事 企業経営者であれば資金繰りは確実に行っていきたいものですが、場合によっては資金繰りが悪化してしまうものです。こうした資金繰りが悪化した時に行うべきことは、給与の支払いを遅らせることではなく、「銀行にリスケジュールの申し... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-06-15

節税で意識すべき損金計上とは?

 節税の基本は損金計上をすること 事業活動をしていく上で、節税は大切な財務活動になります。そのため、経営者や財務担当などは節税策を知っておいたり、その相談相手を見つけておくことが大切です。そして、この節税の基本は「損金を計上すること」となっています。もちろん、他の方法とし... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-06-12

財務諸表とは?

 企業の財務状況や経営成績を明らかにする財務諸表 決算書と呼ばれることもある財務諸表は、一定期間の経営成績や、ある時期の財務状況を明らかにする書類のことを言います。具体的には、損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー計算書と言った資料があり、企業経営者をはじめ、様々なステー... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-28

資金繰りが苦しい場合のリスケジュール

 リスケは資金繰りが悪化した時の対処策 経営活動は順調な時もあれば、不調な時もあり、時には資金繰りが悪化するような事態も起こります。特に、資本体力が不足がちの中小企業では頻繁に起こるものです。そうした資金繰りが悪化しているときに検討したいことが「リスケジュール(リスケ)」に... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-27

資金使途(設備資金、運転資金)を明確にすると銀行は安心する

 資金使途には「設備資金」と「運転資金」がある 事業活動を行っていくには様々なヒトやモノなどの経営資源が必要になり、それを手に入れるには資金が必要になります。そして、その資金を使途によって分類すると「設備資金」と「運転資金」があります。そして、自己資本であれば資金使途を明確... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-26

資金調達に必要な『資金繰り表』の作り方

 資金繰りを見える化したものが「資金繰り表」 経営活動を維持するために収入と支出を見える化したものとして「資金繰り表」と呼ばれるものがあります。この「資金繰り表」には日別のものや月別、年別のものなどがありますが、主に使われるものが月別資金繰り表です。この資金繰り表には、月... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-25

銀行が融資しやすい資金繰りのための経営改善計画書の作り方

 借入やリスケに必要な書類が経営改善計画書 金融機関から新たに借入をしようとする場合や、支払いの延期などをしてもらうリスケジュール(リスケ)をする場合には「経営改善計画書」が必要になります。この計画書は企業収支の状況を明らかにして、経費が増加している原因や売上が減少してい... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-22

銀行から借入れパターン

 「財務諸表を重視する」メガバンク 資金調達をしようと金融機関から借入をする場合、その借入先によって審査基準に違いなどがあり、対策すべきポイントが変わってきます。中でも、都市銀行の中でも全国規模であるメガバンクは、中小企業経営者の借入先として中心的な役割になっています。そ... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-21

安定した経営の資金繰りポイント!

 資金繰りの異変にいち早く気づくことがポイント 経営を安定させようとするのであれば、まず重要になることは「資金繰りの異変に気づける」ようになることです。このように「異変に気づかない場合」や、「気づいていても対処しない場合」には最悪、倒産にもつながりかねません。そのため、まず... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-20

キャッシュアウトの増加

 キャッシュアウトを引き起こす設備投資とは? 事業を拡大するために設備投資をする企業は多いですが、設備投資をする方法として「自己資本で行う」か、「借り入れなどによる他人資本によって行う」場合に分けられます。どちらもキャッシュアウトを引き起こすことに変わりはありませんが、自... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-19

キャッシュインの減少をしっかりと把握する

 売上の減少には3つの理由がある 事業活動は「売上」がなくては成り立たないことは、経営者ならだれもが知っていることでしょう。ただし、売上がどのようにできているかを把握している経営者は少ないようです。売上は「売上単価」、「売上個数」、「購買率」の3つによって成り立っており、この... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-18

資金繰り悪化の原因を整理する

 「キャッシュイン」と「キャッシュアウト」で資金繰りは成り立つ 企業活動を継続的に行うには資金繰りを欠かすことはできませんが、その資金繰りは「キャッシュイン」と「キャッシュアウト」によって成り立っています。「キャッシュイン」と言うのは、お金が手元に入ってくることを意味して... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-15

経営者のための資金繰り、資金計画の改善チェック

 第1チェックポイント、収益性の低下が資金繰りを悪化させる 事業を継続していく上で資金繰りは非常に重要ですが、経営活動を行っていく場合に必ずしも資金繰りが良い状況が続くわけではありません。何かのタイミングで資金繰りが悪くなることもあり、そうした時に資金計画を改善することが大切... 続きを読む

経営者が身につけるべき資金繰り

2015-05-13

1件~15件(17件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
吉川和良 よしかわかずよし

「守りの姿勢から攻めの姿勢へ。」を経営方針に(1/3)

 高松市中心部のオフィス街に事務所を構える税理士の吉川和良さん。事務所を開設する前には、世界4大会計法人の1つである「税理士法人 プライスウォーター ハウスクーパース」のM&A・トランザクション部に所属。メガバンク大阪本店に出向し、主に事業...

吉川和良プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

先見経営と先行管理の仕組みで「あんしん経営」をサポート

会社名 : 吉川和良税理士事務所
住所 : 香川県高松市番町1丁目6番6号 甲南アセット番町ビル403 [地図]
TEL : 087-873-2404

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-873-2404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉川和良(よしかわかずよし)

吉川和良税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
『ビジネスの原点はビジネスモデルです。』

事業体の収益や拡張性は、事業立地(誰に何を売るのか?)とビジネスモデルで大半が決まります。マネージメント...

『10回払いの融資は本当に使えないのか?』

金融機関から初めてプロパー融資の提案を受けるときにありがちなのは、返済期間10か月など超短期の融資です。...

『今の自社を、今日の自分をベンチマークしてはいけません。』

■A氏、B氏…Z氏に、これから飲食店を出店するとして、そのお店作りについて(イメージを)聞いてみました。※他...

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

『創業者が陥る4つの楽観主義とは…』

■創業して最初の壁、デスバレー※を越えられない理由は大きく二つです。1.事業自体が本質的に的外れであるケ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ